Hello ruby!

とりあえず、rubyをCGIとして動かす。
hello_ruby.cgi
#!/usr/bin/ruby
print "Content-type: text/html?n?n";
print "<html><body>こんにちは、ruby</body></html>"

1行目は必須らしい。
サーバー環境によって、#!/usr/local/bin/rubyになる場合もある。
2行目は、htmlを表示するもので、printは""で囲まれた部分を表示するもの。
?n?nは改行かな
3行目も、htmlを表示するもので、今度は中身。<body></body>で囲まれた部分が表示されると。
ソースは、<html><body>こんにちは、ruby</body></html>のみ。

寂しいので、titleを加えると
#!/usr/bin/ruby
print "Content-type: text/html?n?n";
print "<head><title>こんにちは、ruby</title></head>";
print "<html><body>こんにちは、ruby</body></html>"

hello_ruby_title.cgi
ソースは、<head><title>こんにちは、ruby</title></head><html><body>こんにちは、ruby</body></html>

一行で気持ち悪い・・・のは、printをputsもしくは行末に?nで解決するかなと。
*<は全角にしていますが、プログラム上は半角にしてください。修正済み

sponsors

「Hello ruby!」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > Hello ruby!

前の記事:
次の記事:Movable TypeのPHP化