WYSIWYGを可能にするjavascript「openWYSIWYG」

HTMLなどは高齢者や初心者にとって分かりづらいものです。
しかし、ブログなど双方向のネット時代が訪れ、コメント欄などでは編集を簡単にすることが求められます。
openWYSIWYGというjavascriptでは、Wordを使う様に文字を打ち込むことがつーでき、ユーザビリティの向上が図れます。
*WYSIWYGとはW(What)Y(You)S(See)I(Is)W(What)Y(You)G(Get)を意味し、直訳すると「あなたが見たものが、あなたが得るもの」ということになります。
wysiwyg

使用方法
openWYSIWYGファイルをダウンロード・解凍した後、head内にwysiwyg.jsを埋め込みます。
また、対象となるtextareaのidラベルに示した文字列(好きなid名)を以下に書き込みます。
<script type="text/javascript">
generate_wysiwyg('好きなid名');
</script>

このscriptをtextareaの下に挿入すれば完成です。
注意点としては、ファイル一式の置き場所は対象となるファイルと同じディレクトリに置かなければいけないということですが、恐らくjavascriptの中身を修正すればできると思います。
openWYSIWYGサンプル

sponsors

「WYSIWYGを可能にするjavascript「openWYSIWYG」」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > > WYSIWYGを可能にするjavascript「openWYSIWYG」