フォントの種類を変更するjavascript「Selector.js」

ホームページを作成する時に悩むのがフォントの種類。
見る環境や人によって最良のフォントは変わってきますので、非常に難しいところです。
justinmaierでは、Web上でフォントの種類を変更できる「fontSelector.js」を公開しています。
fontselector

使用方法
fontSelector.jsからfontSelector.jsを、mootoolsからmootools.jsをダウンロードし、headに挿入します。
<script src="http://yourdomain/mootools.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://yourdomain/fontSelector.js" type="text/javascript"></script>

さらに以下のscriptを挿入します。
<script type="text/javascript">
window.onDomReady( function(){
var fSelector = new fontSelector($$('対象となるエレメント'), {fontList: ['Arial','Times new roman','Century Gothic']});
});
</script>

またstyle属性として
div.fontSelection-sBoxExpander{
background: url(expander.gif) top left no-repeat;
}
div.fontSelection-sBoxExpander.active{
background: url(expander_act.gif) top left no-repeat;
}

を指定してください。
フォントの種類を変更するjavascript「fontSelector.js」サンプル
*追記:タイトルがfotSize.jsになっていたのを修正しました。(2007年8月30日)

sponsors

「フォントの種類を変更するjavascript「Selector.js」」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > > フォントの種類を変更するjavascript「Selector.js」