コンテンツをスライド表示するjavascript「Coda-Slider」

Web上には無限大のスペースが広がっています。
しかし、コンテンツの多さ=見やすさには決してなりません。
coda-sliderは多くなってしまったコンテンツをスライドのように表示することで、見やすさも得ることができます。
jCodaSlider

使用方法
coda-sliderからjquery.easing.js、slideviewer.jsを、jQueryからjquery.js(v1.1)をそれぞれダウンロードします。
また、zipファイル内のindex.htmlからcssを取り除きます。
jCodaSlider.css*画像パスを各自変更してください)
<script src="http://yourdomain/jquery.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://yourdomain/jquery.easing.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://yourdomain/slideviewer-compact.js" type="text/javascript"></script>
<link rel="stylesheet" href="http://yourdomain/jCodaSlider.css" type="text/css">
<script type="text/javascript">
$(window).bind("load", function() {
$("#id名").slideView()
});
</script>

後はスライドをHTMLで以下の様に記述します。
<div class="slider-wrap">
<div id="id名" class="svw">
<div class="panelContainer">
<!-- スライド部分 -->
<div class="panel" title="Panel 1">
<div class="wrapper">
コンテンツ
</div>
</div>
<!-- スライド部分 -->
</div>
</div>
</div>

コンテンツをスライド表示するjavascript「Coda-Slider」サンプル

sponsors

「コンテンツをスライド表示するjavascript「Coda-Slider」」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > > コンテンツをスライド表示するjavascript「Coda-Slider」