Appleライクなサイトを作るためのJavaScript 19+1

iPodで再び世界の注目を浴びたApple社は、技術力だけでなく、UIの美しさにも定評があります。
それらはMac、iPod、iTunes、iPhotoなどの関連サービスで使用されています。
今回はApple社が世に送り出したUIに、影響を受けたJavaScriptなどを紹介します。
apple

Dock
Macのディスプレイの左/下/右いずれかに設置できるアイコン型メニュー
【アイコンハはマウスオーバーで拡大】
dock.gif
 ・Fisheye(Dojo)
 ・Dock Menu
 ・Fisheye Menu
 ・A Mac OS X-style Dock In JavaScript
 ・Corner Dock Navigation
 ・CSS Dock Menu
 ・iconDock
 ・PBB Dock
 ・Fisheye
(日本語解説なし)
 ・Fisheye
 ・iFishEye

iTunesなど
CoverFlowと呼ばれる画像表示システム
【前後の画像をわかりやすく表示】
coverflow.gif
 ・MooFlow
 ・imageFlow
 ・My Scrap Room

iPhoto
Macに付属する画像管理/編集ソフト
【スクロールバーで保存画像を拡大/縮小】
 ・iPhoto-like image resizing
SpotLight
Macのデスクトップ検索
【検索結果をリアルタイム表示】
(日本語解説なし)
 ・Spotlight-Like Search
その他
 ・OS X Style Searchbox:検索窓
 ・iFreecell:IPhone / iPodでフリーセル
 ・iUI:iPhone風のUI
 ・iMT:Movable TypeのサイトをiPhone用に変換(プラグイン)

sponsors

「Appleライクなサイトを作るためのJavaScript 19+1」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > > Appleライクなサイトを作るためのJavaScript 19+1