Movable Typeを携帯に対応させる「MT4i」&モバイル向けアドセンス導入方法

日本ではモバゲーなど携帯電話によるネット利用が進んでいます。
このような環境下、Movable Typeでも携帯電話からのアクセスを可能にすることが求められています。
今回はMT4iによる携帯対応と同時にモバイル向けアドセンスの導入方法を紹介します。

使用方法
1.MT4iから最新バージョン(執筆時点で2.25)をダウンロードします。
2.解凍したファイルからmt4imgr.cgiを開き9行目のdummypasswordを変更します。
my $password = 'dummypassword(←この部分)';
3.ファイルをmt.cgiのあるディレクトリ(mtディレクトリ)にアップロードし、cgiのパーミッションを755などにします。
4.http://yourdomain/mt/mt4imgr.cgiにアクセスし、上記で変更したパスワードを入力します。
5.「Movable Type 上で使用しているBlog固有のID」を指定します。
 (ブログのidがわからない場合はhttp://yourdomain/mt/mt4i.cgiにアクセスすると表示されます)
上記で基本設定は終了です。
http://yourdomain/mt/mt4i.cgiにアクセスしてみてください。
skuare.net mobile ver.


モバイルアドセンス導入
1.Adsense設定から「モバイル コンテンツ向け AdSense」を選択します。
2.マークアップをchtmlに設定。ほかは適宜設定してください。
3.サーバー サイドのスクリプト言語をcgi/perlにし表示されたテキストをコピーし、エディタでAdsense.plとして保存し、mt4i.cgiと同じディレクトリにアップロード。
4.mt4i.cgiを開き、アドセンスを表示させたい場所に以下を記入します。
my $adsense = `perl Adsense.pl`;
$data .= $adsense;

例1)サイトタイトル直下(画像なしの場合)
# 表示文字列生成:390行目あたり
my $adsense = `perl Adsense.pl`;
$data .= "<h1 align=\"center\"><font color=\"$cfg{TitleColor}\">";
 ~中略~
$data .= "$blog_name</font></h1><center>mobile ver.</center>";
$data .= $adsense;

例2)記事タイトル下
# 表示文字列生成:830行目あたり
my $adsense = `perl Adsense.pl`;
$data .= "<h4>";
# 記事一覧からの閲覧なら記事番号を振る
if ($mode eq 'individual') {
$data .= "$rowid.";
}
 ~中略~
$data .= "$created_on</h4>";
$data .= $adsense;

sponsors

「Movable Typeを携帯に対応させる「MT4i」&モバイル向けアドセンス導入方法」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > Movable Typeを携帯に対応させる「MT4i」&モバイル向けアドセンス導入方法

前の記事:
次の記事:[jQuery]highlight