ハイクオリティのグラフ生成JavaScript「Highcharts」

JavaScriptライブラリのjQueryを利用してハイクオリティのグラフを生成できる「Highcharts - Interactive JavaScript charts for your webpage」を紹介します。
※非商用にて無償です。
ハイクオリティのグラフ生成JavaScript「Highcharts」サンプル

使用方法
Highcharts - Interactive JavaScript charts for your webpageからファイルをダウンロードします。
<script type="text/javascript" src="jquery-1.3.2.js"></script>
<script type="text/javascript" src="highcharts.js"></script>
<!--[if IE]>
<script type="text/javascript" src="excanvas.compiled.js"></script>
<![endif]-->

上記を記述したらグラフ部分を書いていきます。
<script type="text/javascript">
$(document).ready(function() {
var chart = new Highcharts.Chart({
chart: {
renderTo: 'container', //表示するid名
defaultSeriesType: 'line', //グラフのタイプline, spline, area, areaspline, column, bar, pie,scatter
margin: [50, 150, 60, 80] //余白
},
title: {
text: '月別平均気温', //グラフタイトル
style: {margin: '10px 100px 0 0' } // 余白
},
subtitle: {
text: '出典:日本気象協会', //サブタイトル
style: {margin: '0 100px 0 0' }// 余白
},
xAxis: { //X軸
categories: ['1月', '2月', '3月', '4月', '5月', '6月', '7月', '8月', '9月', '10月', '11月', '12月'], //ラベル
title: {text: '月'} //タイトル
},
yAxis: { //Y軸
title: {text: '気温 (°C)'}, //タイトル
plotLines: [{ //ラインのスタイル
value: 0,
width: 1,
color: '#808080'
}]
},
tooltip: { //ツールチップ
formatter: function() {
return ''+ this.series.name +'
'+
this.x +': '+ this.y +'°C'; }
},
legend: { //項目名
layout: 'vertical',
style: {
left: 'auto',
bottom: 'auto',
right: '10px',
top: '100px'
}
},
series: [ //ここからグラフ内容指定
{
name: '東京',
data: [7.0, 6.9, 9.5, 14.5, 18.2, 21.5, 25.2, 26.5, 23.3, 18.3, 13.9, 9.6]
}, {
name: 'NY',
data: [-0.2, 0.8, 5.7, 11.3, 17.0, 22.0, 24.8, 24.1, 20.1, 14.1, 8.6, 2.5]
}, {
name: 'ベルリン',
data: [-0.9, 0.6, 3.5, 8.4, 13.5, 17.0, 18.6, 17.9, 14.3, 9.0, 3.9, 1.0]
}, {
name: 'ロンドン',
data: [3.9, 4.2, 5.7, 8.5, 11.9, 15.2, 17.0, 16.6, 14.2, 10.3, 6.6, 4.8]
}]
});
});
</script>

ハイクオリティのグラフ生成JavaScript「Highcharts」サンプル

sponsors

「ハイクオリティのグラフ生成JavaScript「Highcharts」」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > > ハイクオリティのグラフ生成JavaScript「Highcharts」