[メモ]ロケーションメディア(ジオメディア)

foursquareが世界的なロケーションメディア( ジオメディア)の幕を開き、いまやmixiまでもが乗り出す狂騒の時代。
一時期はまってましたが、あらためてmixiチェックイン到来でまた気持ちが復活。
以前似たようなエントリーを書きながら、また現状サービスをまとめました・・・。
foursquare
geo_1.jpg
押しも押されぬ世界的知名度NO.1のサービスです。
注目記事はこのあたりですかね。
Foursquareが300万利用者を達成。新たなFoursquare 2.0も間もなく公開予定
Facebook Placesとの連携もあり、ますますの発展が期待されます。
日本語にローカライズされるのが待ち遠しい感じです。

コロプラ
geo_2.jpg
日本のさきがけコロプラさんです。
近年は旅行業界との提携などを積極的に行い、新聞すらにぎやかせています。
実はfoursquareなんかよりもかなり前から展開しているサービスで、実経済への影響力は多大です。
隕石が落ちすぎるのが玉にきずではありますが・・・Andoroidに対応し、iPhoneも準備中ということもあり今後より一層の拡大が期待されます。
▼注目記事はこちら
コロプラ、「花いっぱい位置ゲーの旅」に鉄道13社を追加
コロプラのAndroidアプリが登場 iPhoneアプリも開発中
ケータイ国盗り合戦
geo_3.jpg
コロプラと双璧をなすケータイ国盗り合戦は、アバター的要素も取り入れ、年齢層高めも獲得。
地図で有名なマピオンが運用しており、豊富な資金力と遊び要素でコロプラと競っています。
▼注目記事
"位置ゲー"を実地体験、eビジネス推進連合会がバスツアー

ここからは海外系の有名どころです。
以後、特定の場所にチェックインさせるという手法を取るようになります。
Gowalla
geo_4.jpg
Whrrl
geo_5.jpg

ランブリン
上記2つならびに冒頭のfoursquareを追いかけて登場したチェックイン型の日本サービスです。
海外系と同様TwitterやiPhoneとの連携を重視したサービスです。
geo_6.jpg
はてなココ
geo_7.jpg
わりとここからが本題です。
旧来の日本系、ならびにソーシャルメディアと連携した海外系を見てきた企業が参入し始めていきます。
まずは、はてなココでした。
日本語というだけでもとっつきやすい感じのするサービス。
正直、foursquareの日本化しただけみたいな印象もあり、大きくは伸びてなかった印象です。
ただ、後述するmixiチェックインとの連携もあり、今後に注目です。
ロケタッチ
geo_8.jpg
基本的にはこれもはてなココと同様ではありますが、マーケティングがうまかったか、UIがよかったか、デザインがとっつきやすかったか、まあ全部うまかったんだろうが、一定数のファンを作ることに成功していると感じています。
また、使用してみると上手く説明できないけれど、非常にいいです。
というわけで現在はロケタッチを使用中です。
mixiチェックイン
geo_9.jpg
最後はmixiチェックイン。
SNS内なので広がりは大きく期待できませんが、はてなココとの連携もあり補えるか。
課題はあるけれど、これがなければロケーションメディアにもう一度興味をもてなかったという一品。

mixiチェックインに期待するのは、閉鎖的で非社交的な多くの人が、ある場所に自発的にチェックインして、能動的に位置情報を知らすという行為を日常化させるということ。
まだまだ、ロケーションメディアというのは一部の人たちのおもちゃ。
Twitterの初期の様相はあるものの、ゆるくつながるTwitterに対し、ロケーションメディアはプライバシーを露呈する。
そういう意味では、国内での爆発的な広がりにはプライバシー配慮とmixiによる啓蒙が必要になるのだろうなあ。

sponsors

「[メモ]ロケーションメディア(ジオメディア)」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > [メモ]ロケーションメディア(ジオメディア)