[雑談]国民性から見るWEBサービス

ふと考えてみた。
国民性によってなんか違うんじゃないかと。

というわけでどうでもいい感じのエントリ。

たとえば、日本の国民性って・・・
「協調性重視、横並び、まじめ」
一方で欧米は・・・
「自己主張、成果主義、割り切る」
101027.jpg
photo by SpecialKolin

じゃあ、WEBサービスではどうなるのか。
多く機能があるサービスは、日本人は何をしていいのかわからなくなる。
自分から積極的に何をするべきかわからないのです。
「ご飯何食べる?」と聞かれたら、「なんでも良い」と答えるように。
だからこそ、Twitterみたいに機能が限定的なものがいいわけです。
で、模倣からの応用も得意なので、利用したアプリなどもガンガン作っていくのです。
逆にセカンドライフなんてものは、いかんのです。
いかんのです。

でも、乗せられるのが割と得意です。
なので、D2さんが「いやー、これからは、あれきますよ××さん。あれの時代です!」
なんて言われようものならある企業の××さんは「おお、そうかい。でも本当に大丈夫なのかい?」 「任せてください。テレビで取り上げて、本にして、アイドル使えばー、日本人はバカだから乗ってきますぜ」
「D2さんも悪よのお」「へへ、金もろうてますから」なんてやっちゃうわけですよ。
でも一般の人は何をしていいかわからないので、一過性で終わっちゃうのです。

さてさて、欧米人なんですが、彼らは高機能なものを見るとワクワクしちゃいます。
「俺こんなに使いこなしちゃうんだ。えへへ。」
「最新の機能を使って、むっちゃ効率的にこなしてるで」みたいな。
より機能重視なので、デザインはシンプルでいいわけです。
ね、Googleなんてその最たる例ですよ。
自発的に目的をもって検索するんですから、日本のやほーみたいにディレクトリなんていらんのですわ。

逆に機能が絞られていると、使いこなしすぎてもはや飽きちゃうんです。
だってみんなと差別化できないんだから。
だからブラックベリーも発展したんじゃないかな。
一種のステータス。
日本の場合は持っていることがステータスだけど、欧米は使いこなしているのがステータスなんだろうな。

え、mixiは高機能じゃないかって?
そうこれは例外。
日本人はデザインに弱い。
機能的で使いこなせなくてもデザインにひかれて使う。
iPhoneだってそうでしょ?一般ユーザーにあんな機能いらない。
mixiもオレンジで丸みを帯びたポップなデザインだからトップになれた。
これに対してfacebook。
ここまでの流れでわかるように・・・あ、そうそうグルーポンね。
あんな単純なものがなぜアメリカで、ってか?
彼らは割り切る人たちなので、安くていいものには目がないのです。
で、買ったものをソーシャルメディアで主張できるんですね。
これに対し日本はみんなが買ってるしー的な部分が多いと。
買ってもあまり流さないでしょ?
そんな一面もあるんじゃないかと思うんですよ。

WEBサービスってほんと奥が深いですねー

あ、facebook?それはまた別の話。

sponsors

「[雑談]国民性から見るWEBサービス」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > [雑談]国民性から見るWEBサービス