PowerPointでのワイヤーフレーム作成を補助する「PowerMockup」

PowerPointでのワイヤーフレーム作成を補助する「PowerMockup」 みなさんはワイヤーフレームを作成するとき、どのツールを使っていますか?
パワーポイントで作る場合はPowerMockup - Wireframe Tool for PowerPointを利用すると効率化が図れるかもしれません。

PowerMockup - Wireframe Tool for PowerPointには要素が限られているFree Trial版とシングルユーザーの$39.95などがあります。

今回はSingle Licenseでの試用です。

インストールするとパワーポイントのバーに表示されます。
PowerPointでのワイヤーフレーム作成を補助する「PowerMockup」
すると右に要素一覧が登場
これらをパワーポイントにドラッグすると配置されます。
要素は枠組み、グラフなどのグラフィック、アイコン、メニュー、フォームまわりなどがあります。
PowerPointでのワイヤーフレーム作成を補助する「PowerMockup」
今回はアライドアーキテクツ株式会社のサイトをベースにワイヤーフレームを作ってみようと思います。
PowerPointでのワイヤーフレーム作成を補助する「PowerMockup」
・・・じゃん!
PowerPointでのワイヤーフレーム作成を補助する「PowerMockup」
PowerPointでのワイヤーフレーム作成を補助する「PowerMockup」
ブラウザ枠、Facebook、Twitterアイコンやタブメニューなど大体の要素は揃っているので、さくっと作成できました。
また、もともとはパワーポイントの要素なので、中にテキストを入れたり、デフォルトで入っているテキスト変更も可能です。

自分で好みの要素カテゴリーを作ったりもできるようなので、よく利用するものをカテゴライズしておくと、より効率化できると思います。

あとは$39.95が高いかどうか・・・

sponsors

「PowerPointでのワイヤーフレーム作成を補助する「PowerMockup」」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > > PowerPointでのワイヤーフレーム作成を補助する「PowerMockup」