著者情報を表示させるrel='author'とGoogle+

著者情報を表示させるrel= 前々から気になっていたのですが、Googleで検索すると著者情報が表示されることがあります。
これにより信頼性の向上につながる可能性がありますね。
またプロフィール画像も表示されるので、かなり目立ちます。
一方で、Google+のフォロワー数などが表示されていることから、著者情報を表示させるのであれば、Google+の運用をしっかりとしておかないといけないんだろうなと。
さすが、googleさん・・・。

http://www.google.com/webmasters/tools/richsnippetsで自分のサイトURLを入れてみましょう。
This page does not contain authorship or rich snippet markup.と表示されたら、まだ記述がされていないということです。
設定方法 オプション 1: 確認済みのメール アドレスを使用してコンテンツを Google+ プロフィールにリンクする
1:Google の著者情報に行き、サイトのドメインと同じメールアドレスを入力します。
2:しばらくすると「メール アドレス ***@***.*** を確認してください」という件名でメールがきます。
3:確認を押すと設定が完了となります。
4:もう一度http://www.google.com/webmasters/tools/richsnippetsで確認しましょう。

オプション 2: コンテンツを Google+ プロフィールにリンクすることによって著者情報を設定する
1:Google+のプロフィールへのリンクを貼るだけとなります。
<a href="[profile_url]?rel=author">Google+</a>
▼例
<a href="https://plus.google.com/108548874904258215180?rel=author">Google+</a> 2:Google+からサイトに戻れるようカスタムリンクを設定しましょう。
3:改めて、http://www.google.com/webmasters/tools/richsnippetsで確認しましょう
これでいずれ表示されるはずです。

なお、SEOといえば海外SEO情報ブログ - 海外のSEO対策で極めるアクセスアップ術が有名ですが、こちらでは下記のようにauthorを指定しています。
著者情報を表示させるためのGoogleの指定の他、meta内link relやg:plusにもありました。 <link rel="author" href="https://plus.google.com/105720802884434674393"/>
<a rel="author" href="/blog/about/">
<g:plus href="https://plus.google.com/105720802884434674393" rel="author" width="268" height="69" theme="dark"></g:plus>
<a href="https://plus.google.com/105720802884434674393?prsrc=3&rel=author"></a>

↓ こんな感じで表示されていますね。

sponsors

「著者情報を表示させるrel='author'とGoogle+」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > > 著者情報を表示させるrel='author'とGoogle+