Androidアプリでワイヤーフレーム作成「Mockups Lite for Android」

Androidアプリでモックアップ作成「Mockups Lite for Android」 一度や二度、電車の中とかでサイトのモックアップを作成したくなったことがあると思います。
そんな方にはスマホでも作成できるMockups Lite for Androidを紹介します。

使用方法 Mockups Lite for Androidからインストール。
アプリを立ち上げレイアウトタイプを選ぶと作成開始です。
Androidアプリでモックアップ作成「Mockups Lite for Android」 レイアウトタイプには、ブランク、WEB、モバイル、デスクトップがあり、ブランク以外は枠が入ります。

左上にある「*」をタップするとメニューが表示されます。
左列は要素、右列は拡縮となります。
Androidアプリでモックアップ作成「Mockups Lite for Android」 要素を配置すると要素の左上にはキャプションなどを入れられ、右下で拡縮できます。
また、右下のものをタップすると下記のように背景色やフォントサイズ、配置固定、レイヤー上下配置などを調整できるようになります。

Androidアプリでモックアップ作成「Mockups Lite for Android」 ファイルのエクスポートは.pngと.svgの2種類。
レイヤーにわかれてたりはしません。

というわけでこんなのが作れたりします。
Androidアプリでモックアップ作成「Mockups Lite for Android」
無料版は一部機能制限があるほか、エクスポートしたものにウォーターマークが入ります。
なお、有料版は下記です。
Mockups for Android - Google Play の Android アプリ

どこでもワイヤーフレームが作りたいという方はどうぞご利用ください。

sponsors

「Androidアプリでワイヤーフレーム作成「Mockups Lite for Android」」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > > Androidアプリでワイヤーフレーム作成「Mockups Lite for Android」