緑色のボタンは赤色のものよりCVRが高くなるのか?というA/Bテスト界隈でよく出る話

緑のボタンは赤色のものよりCVRが高くなるのか?
これはA/Bテストでよく話題になる色のトピックです。
今回は気分を変えて、このボタンの色について考えてみたいと思います。
緑色のボタンは赤色のものよりCVRが高くなるのか?というA/Bテスト界隈でよく出る話

CTAのボタンを赤とグリーンで試したとあるA/Bテストの結果では、緑が34%高くCVが出たということです。
このような結果がまことしやかに語られると、デザイナーは緑が良いのではないかと考えてしまいがちですが、単純にそうとは言えません。
なぜなら、色が影響を与えたというよりはサイトの構成に影響があるからです。


少し古い記事ですが、「緑」神話に拍車をかけたのが、FireFoxのダウンロードボタンの色味についてです。
もっともダウンロード数が多いのは"緑色" - Firefox分析

出典:http://blog.mozilla.org/metrics/2009/06/19/firefox-is-green
これは当時のサイトが青ベースであったことから緑色のボタンが一番コントラスト差が出たと考えられます。

一方、こちらは赤が21%勝ったパターン

出典:The Button Color A/B Test: Red Beats Green
サイトが緑色をキーカラーとしているため、赤のほうが目立ったと考えられます。

ボタンの色味を考えるというのは重要であるということは変わりませんが、どのサイトでも緑が必ず良いということはありません。
自分のサイトにあった色味や、それ以前にボタンのコントラスト、余白、大きさなどを考えてみるひつようがあるでしょう。

下記のような記事も参考にしてみてください。
コントラスト比から考えるCTAのクリック率向上のための施策

sponsors

「緑色のボタンは赤色のものよりCVRが高くなるのか?というA/Bテスト界隈でよく出る話」をシェアする

記事作成:
記事URL:

TOP > > > 緑色のボタンは赤色のものよりCVRが高くなるのか?というA/Bテスト界隈でよく出る話