検索結果のCTRを向上させる4つの方法

オーガニックの検索結果は上位に表示されなくなってきている

前回は80%しかファーストビューを見ていないという話をしましたが、Googleなどの検索結果においていかがなのでしょうか。
下記の図は、「求人」で検索した際の結果です。
検索結果のCTRを向上させる4つの方法
検索ボックスの次に、リスティング、その下にオーガーニックとなります。
オーガニックまでは548pxと距離があります。
またEC系ワードだと以下のようになります。
検索結果のCTRを向上させる4つの方法
リスティングも含まれるショッピング検索が画像付きで表示されるほか、オーガニックでもよくYoutubeやAmazonが上位表示されることが多いです。
どうように店舗があるものであれば地図検索なども表示されるなど、検索結果に表示される要素は、ますます多くなっています。

83%が1ページ目の上位4つでクリックし、1位は17.16%のCTRに達する

スクロールせずに見られるランキングは5位までと言われていたような2013年には、このような調査結果が出ています。

Google CTR Study – An infographic by the team at Catalyst

しかし、現在では、ほぼ1位でなければ多くの検索結果ではファーストビューには入らなくなってしまっているといっても良いでしょう。
このため17%ものCTRが期待できない状況です。
しかし、工夫をこらすことでリスティング以外でも上位表示されることができます。

CTRを向上させる4つの改善ポイント

1:タイトル

基本中の基本ですが、タイトルタグを調整しましょう。

<title>****</title>
  • タイトルタグはターゲットのキーワードを含む
  • 32文字以下にする
  • 魅力的で直接的なものにする

「秋と花粉症」の関係を記事タイトルにしたnanapiの例
検索結果のCTRを向上させる4つの方法

作曲家たちから考える記事タイトルも参考にしてみてください。
つんく作詞の曲タイトルからバズりやすそうな記事タイトルを考えてみる
秋元康作詞の曲タイトルからバズりやすそうな記事タイトルを考えてみる

2:meta description

これも基本中の基本のmeta descriptionです。

<meta name="description" content="****">
  • タグはターゲットのキーワードを含む
  • 100文字を目安にする
  • 能動的でわかりやすい文章にする

iPhone6

<meta name="Description" content="最も先進的なモバイルOSの最も先進的なバージョンと、あなたの創造力と生産性をさらに高める優れたアプリケーションの数々を持ったiPhone。そのすべてを紹介します。" />

検索結果のCTRを向上させる4つの方法

3:リッチスニペット

Googleは検索結果にさまざまなスニペットを表示します。
パンくず、rating、event、movie、recipeなどサイトで表示させられるものがあれば、しっかり対応しましょう。

cookpadのレシピ表示
ささみとなすのオイスターマヨネーズ炒め – Google 検索
検索結果のCTRを向上させる4つの方法

4:キーワード選定

単一ワードでは上位表示できない、あるいはリスティングが多すぎるという場合は複数ワードを掛けあわせて見るのも一つです。
往々にして人は絞り込みのため、複数ワードを入力しますし、Googleもサジェストをしてくれますので、このワードを狙っていくことが重要になります。

 

運営している「skuare.net」での一例をご紹介します。
なお、Google AnalyticsにはCTRを確認できる検索エンジン最適化というものが「集客」の項目にあり、そこでの数値です。

キーワード「jQuery」

検索結果のCTRを向上させる4つの方法
jQuery単体ではビックワードです。そもそも上位表示させにくいワードなのですが、現状平均7.4位に表示されています。
CTRが1.67%とかなり低くなっていますが、表示回数は6万回のため、およそ1,000の集客があります。

これに対して、「プラグイン」との掛けあわせで1位になっている「jQuery プラグイン」というキーワードですが、こちらのCTRは37.5%。
非常に高いのですが、表示回数が低いので1.67%のjQuery単体よりも集客が弱くなっています。
単純比較では、やはりビックワードが良いように見えますが、掛け合わせは複数引っかかってくる可能性があります。
上記の2位でも「jQuery サンプル」が出ているのがわかると思います。
これは下位でも多く見られ、積み重ねるとバカに出来ないくらい大きな数となっていきます。

 

Googleの進化を嘆くのではなく、これら4点を意識していき、リスティングに頼らないWEB施策をしていきましょう。

consulting > 検索結果のCTRを向上させる4つの方法