カテゴリーページを改善して売上をアップさせたA/Bテストの2事例

どんなサイトでも必ずあるカテゴリーページ。
これをおざなりにしていませんでしょうか。
今回は回遊性を高めるカテゴリーページについてのABテスト事例を取り上げます。

平均購入単価を17.1%を向上させたABテスト事例

SmartWoolというアパレルのサイトではこれまでカテゴリーページをメイン画像やサムネイルのサイズに差をつけた見せ方をしていました。
特徴的で、見せたい商品を大きくしていくという会社側の想いを出していたのです。
これに対してABテストでは、メイン画像削除、サムネイルは均一というよくあるデザインパターンを用意しました。
カテゴリーページを改善して売上をアップさせたA/Bテストの2事例
出典:[Case Study] SmartWool Sells More Socks With A/B Testing – Optimizely Blog

この結果17.1%もの平均購入単価向上につながったのです。
当初のデザインだと大きくしたもののクリック率は向上されますが、それが本当に欲しい商品かは人によりますので、購買には至りにくいことになります。
特に女性は、脳の違いから考える男性・女性のWEBサイトに関する行動の違いでも紹介したように回遊して欲しい商品をめぐる行動が多いので、なおさら顕著でしょう。

PVを43.78%、売上を106.26%向上させたABテスト事例

次にMuc-Offでの事例です。
Muc-Offではショップのカテゴリ一覧に遷移できるリンクをパネル型に大きく配置していました。
このためファーストビューでは商品画像が見えない状態でした。
ABテストでは、ファーストビューで商品画像が見えるようなパターン(下図の赤い部分を削除)を用意したのです。
カテゴリーページを改善して売上をアップさせたA/Bテストの2事例
出典:Slimming Down Content on Category Page Increased Sales by 106.26%

結果は冒頭の通り、PVは43.78%、売上に至っては106.26%も向上させることができたのです。

対象サイトの訪問属性にもよりますが、リピーターが多いサイトではカテゴリーページは簡素化させ、ファーストビュー内により多くの商品を配置することで回遊性を高め、結果として売上向上に繋げられると考えられます。

growth > カテゴリーページを改善して売上をアップさせたA/Bテストの2事例