ECサイトでのカート放棄率(かご落ち)を下げるために行いたい2つのこと

Internet Retailingの調査によれば、UKでのオンラインショッピングは2014年から16.2%の成長を遂げているとのことです。
またひとり当たりの単価は9.6%向上しています。
ECサイトでのカート放棄率を下げるために行いたい2つのこと
出典:UK shoppers to spend £52.25bn online in 2015 (IRM51)

一方で、カートの放棄率は平均で68.53%と高止まりしています。

31 Cart Abandonment Rate Statistics
68.53% – average documented online shopping cart abandonment rate
31 Cart Abandonment Rate Statistics – Baymard Institute

このカート放棄率を下げるために行える対策とはなんでしょうか。
今回は2つの手段を考えてみたいと思います。

#1 認証シールを決済画面に配置する

フォームなどの個人情報を取り扱うページについてはSSLを使用することが基本かと思いますが、SSLに対応していてもバッジを表示しないケースもあります。
設置の効果はいかほどでしょうか。

Blue Fountain Mediaというサイトにおいて実験を行ったところ実に42%もの売上増加につながったとのことです。
ECサイトでのカート放棄率を下げるために行いたい2つのこと

また、ConversionIQでは、バッジの位置をフッターから少し上に上げたところ14%の売上アップならびに検索流入からのコンバージョンを30%も増やすことができました。
ECサイトでのカート放棄率を下げるために行いたい2つのこと
出典:Why Choosing the Right Trust Seal Increases Conversion | The Daily Egg

なお、どの認証シールが信頼性があるかというテストが行われましたのですが、結果は下記のようになりました。
ECサイトでのカート放棄率を下げるために行いたい2つのこと
出典:Which Site Seal do People Trust the Most? (2013 Survey Results) – Articles – Baymard Institute

もちろん日本では多少の差は生まれるとは思いますが、やはり古くからあるNortonであったり、比較的普及率の高いグローバルサインなどを利用されるのが良いかと思います。
また、日本独自の安心感と言うとセコムのSSL証明証もなんだか守ってくれてる感が創出できそうです。

#2 お問い合わせを隠さない

よくECサイトでは電話番号を表示しないなどの対応を取るケースがあります。
しかし、お客様の不安を払拭できず、購入に至らないことが多いでしょう。

TheFlowr.comでは、電話番号を掲載するというテストを行いました。
ECサイトでのカート放棄率を下げるために行いたい2つのこと

この結果CVRは17%の向上を果たしました。
Does A Phone Number On Your Site Increase Conversions?

なおZappos.comではページのヘッダー部分に下記のよう電話が365日24時間対応できること、またチャットも可能であることについて表示を行っています。
ECサイトでのカート放棄率を下げるために行いたい2つのこと

コストの都合もあると思いますが、タイムリーに疑問に応えられる体制をとることで、売上をあげることができそうです。
自分が購入する立場だったら・・・という観点で改めてECサイトやフォームを見つめなおしてみるのも良いかもしれませんね。

下記も参考にしてみてください。
平均単価を7.32%向上させたABテスト事例!配送料無料表記でカゴ落ちを防ぐ | Skan

howto > ECサイトでのカート放棄率(かご落ち)を下げるために行いたい2つのこと