WEBサイトで使えるかもしれない心理学(Forgetting Curve)

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスは、意味のない3つのアルファベットの羅列を、被験者にたくさん覚えさせて、その記憶がどれくらいのスピードで忘れられていくかを実験しました。
その結果、20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、1週間後77%、1ヶ月後には79%が忘れてしまうというのが判明しました。
これをグラフ化したのが下記の「エビングハウスの忘却曲線」と呼ばれるものです。
WEBサイトで使えるかもしれない心理学(Forgetting Curve)

勉強において復習が推奨されるのは、この忘却曲線を緩くさせるために妥当と言えるのです。

また、アメリカ国立訓練研究所による研究結果であるフォーマット毎の学習定着率もあわせて紹介します。
WEBサイトで使えるかもしれない心理学(Forgetting Curve)
出典:http://siteresources.worldbank.org/DEVMARKETPLACE/Resources/Handout_TheLearningPyramid.pdf

受動的な学習方法だと定着の割合は30%以下になってしまいます。
特にレクチャー形式では5%に過ぎません。
その一方で横線より下にある「Group Discussion」「Practice」「Teaching Other」といった参加型だと学習定着率が50-90%と一気に高まります。

このような人の記憶を意識すると、マーケティング手法も変わってきそうですし、改めて下記のような施策が重要だということが認識できるのではないでしょうか。

  • 定期的なキャンペーン
  • フォローメール
  • リマーケティング広告
  • サンプル配布
  • クチコミ

consulting > WEBサイトで使えるかもしれない心理学(Forgetting Curve)