CVRを高めるための回遊性向上! フッターメニュー導入のポイント3点

みなさんのサイトのページ下部、いわゆるフッターにはどんな要素を設置していますか?
特に置いていませんか?まさかSEO対策の外部リンクなんて表示してませんよね・・。
このフッターをないがしろにすると実はコンバージョンを失っているかもしれません。

#1 フッターメニューのABテスト

まずは、フッターメニューの効果についてABテスト事例を見てみましょう。
Radley + CoのオンラインサイトRadleyでは、このフッターに関するABテストが行われました。
まずは元のバリエーション。
CVRを高めるための回遊性向上フッターメニュー導入方法

フッターには簡易的なメニューや対応しているカードやベストセラーであることなどが表示されています。
対して、ABテストを行ったバリエーションです。
CVRを高めるための回遊性向上フッターメニュー導入方法
商品リストを第2階層まで開いた状態で、表示させました。

このようなシンプルなテストではありましたが、結果は大きな差が生じました。
23.77%もコンバージョンが向上し、さらに一人あたりの売上は15.99%も上がったのです。
出典:How does your website footer impact conversion? – Smart Insights Digital Marketing Advice

#2 追加したいフッターメニュー5つの要素

上記の事例はPCサイトですが、スマートフォンサイトではスクロールされやすくなるので、フッターに要素を付加することは必要不可欠です。
代表的な要素は下記の5つとなりますので、加えられないか検討してみましょう。

  • ヘッダーと同じ要素
  • サブ的な情報
    例:グローバルメニューに入れるまでではないが、あったら使われそうなフォームやサイトマップ、地図などの情報
  • 関連リンク
    例:当該ページと同じカテゴリのページやブログの前後記事、購入リンクなど
  • RSS、SNS、検索など
  • サイトを印象づけるイラスト的な背景

最後のものはおまけ的な要素ですが、ページの最後に到達したことがわかりやすいのに加え、サイト全体の印象をクリアにします。
事例として2つ紹介しますが、シンプルなフッターと比較すると好印象なのではないでしょうか。

ヤマト運輸

CVRを高めるための回遊性向上フッターメニュー導入方法
http://www.kuronekoyamato.co.jp/top.html

吉日屋

CVRを高めるための回遊性向上フッターメニュー導入方法
http://kichijitsuya.jp/shop/

#3 回遊性がCVに影響を与えているかGoogle Analyticsで確認する

本当に自分のサイトでは、回遊性がCVに影響を与えるのかGoogle Analyticsで確認してみます。
Google Analyticsでは、CVユーザーと非CVユーザーをセグメント分けさせることが可能です。
管理画面にある「+セグメント」をクリックして、システムに行ってみるとコンバージョンに関する設定があります。
CVRを高めるための回遊性向上フッターメニュー導入方法
このセグメント分けした状態で、ユーザーサマリーなどを見てみると平均セッション時間や、ページ/セッションに大きな差があることが明白になります。
CVRを高めるための回遊性向上フッターメニュー導入方法
CV、非CVの差分を見て、回遊性を高める施策を取っていく必要があるか、確認してみましょう。

ECサイトでは、以前紹介したカテゴリーページを改善して売上をアップさせたA/Bテストの2事例のように、回遊性が高いほど、コンバージョンが上がるというサイトが多く存在します。
これは脳の違いから考える男性・女性のWEBサイトに関する行動の違いでも取り上げたように、特に女性は多くサイトを閲覧した上で、購入に至るケースがあるためです。
ぜひ、一度検討してみましょう。

consulting > CVRを高めるための回遊性向上! フッターメニュー導入のポイント3点