prototypeでFisheyeメニューを作成するjavascript「Fisheye」

アイコンを用いたメニューを収縮させて省スペースでインパクトを与えるフィッシュアイメニュー。
今回はjavascriptライブラリのprototypeで作成するFisheyeを紹介します。

sponsors

使用方法

FisheyeからFishEye.js、EventDispatcher.jsをprototypeからprototype.jsを、さらにscript.aculo.usからeffect.jsをダウンロードします。
<script src="http://yourdomain/prototype.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://yourdomain/effects.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://yourdomain/EventDispatcher.js" type="text/javascript"></script>
<script src="http://yourdomain/FishEye.js" type="text/javascript"></script>
<style type="text/css">
	#fishEye{height:175px;padding:10px;text-align:center;position:absolute;}
	#fishEye img{margin-top:100px;width:50px;height:50px;height:auto;margin-top:0px;margin-bottom:100px;}
</style>
上記を記述したらメニューに使用したい画像を書き込み、それらをid="fishEye"で囲みます。
さらにscriptを以下のように記入します。
<script type="text/javascript">
var linkRelay = function(e){	//リンク用
	var ele = Event.element(e);
	window.location = ele.getAttribute("href");
}
var myFishEye = new FishEyeToolBar("fishEye", { createSub : function(ele, options){ 	//ここからFishEye
	return new FishEyeItemDown(ele, options);
}});
myFishEye.addEventListener("itemClick", linkRelay);	//リンク用
</script>

なお、画像にリンクを付ける時は、上記のリンク用を書いた上で、imgにhref属性を付ける必要があります。
<img src="画像パス" href="リンク先URL">

サンプル

Javascriptサンプルページ一覧
skuare.net